お役立ち情報ブログ,奈良県田原本町

マッサージ機などの粗大ごみを処分したい!その方法は?

田原本町で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。
 
「マッサージ機を処分したいけれど、やり方がわからない」
「捨てるのが面倒で壊れたマッサージ機がずっと家にある」
このようにマッサージ機の処分にお困りではありませんか?
 
現在のマッサージ機の普及率は10%ほどといわれていますが、近年年配の方だけでなく、仕事で疲れた中年の方にも人気が高まってきています。

マッサージ機は自宅にいながら体を癒してくれますが、故障したときは大きくて場所をとるだけのものになり、その処分も面倒です。

今回は、そんなマッサージ機の処分方法についてお話しします。
 
○ マッサージ機の基礎知識
・ マッサージ機にはどんなものがあるのか
マッサージ用具は種類も多く様々ですが、一般的に「マッサージ機」とよばれているのはマッサージチェアのことです。

その他のハンディタイプや、体に貼付けるものなどは「マッサージ器」と呼ばれているので違いをはっきり理解しておきましょう。
 
・ マッサージ機の寿命
マッサージ機の平均寿命は6年程度といわれています。
6年経つと「途中で動作が止まる」、「異音がする」、「ボタンを押しても動作しない」など不具合が目立ち始めます。

使用年数を見極めながら、そういった不具合が発生しているのかを確認してみましょう。
 
○ マッサージ機の処分
・ 自分でできること
自分で回収する場合は、自治体に回収してもらうのが基本的な流れです。
自治体には、粗大ごみとして回収してもらいます。
粗大ごみの多くは袋に入れることができないので、粗大ゴミのシールを貼ります。
 
粗大ゴミのシールは事前に自治体から購入が必要です。

自治体に回収してもらうメリットは何よりも低価格で回収してもらえることです。
だいたい2000円弱で回収してもらえるので、コストはかなり抑えることができます。

しかし、自分で回収場所に運搬しなければならないデメリットがあります。
 
・ 業者に依頼する場合
業者に依頼する場合は運搬や分解も全て、自分で行う必要がありません。自治体に依頼するのに比べ、手続きも簡潔でしょう。
しかし自治体に回収してもらうときに比べ、費用がかかることがデメリットです。
しかし、トラック1台あたりの回収相場は2万5千円程度ですので、運搬や分解を自分でできないという方は業者に依頼しても良いかもしれません。
 
今回はマッサージ機の処分方法についてお話ししました。

マッサージ機を含む大きな粗大ゴミは、自分の力で処分するのがかなり難しいです。

どうしても処分したいモノの運搬が難しい場合は、粗大ごみの処分を行う業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
大阪市東成区で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
 

田原本町で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ