お役立ち情報ブログ,奈良県川西町

リサイクルを始めるべき大きなメリット

川西町で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。

 

リサイクルを始めるべき大きなメリットは、ゴミの減量、資源の節約、エネルギー節約につながるからです。これらは、リサイクルを進めていくと出来るようになります。リサイクルを始めるべき大きなメリットは、ゴミの減量、資源の節約、エネルギー節約につながるからです。これらは、リサイクルを進めていくと出来るようになります。

 

まず、ゴミの減量ですが、今はゴミがどんどんと増えていることも大きな社会問題ともなっています。特に今の日本では生活習慣がどんどん欧米化していて、何でも消費して捨てるという生活スタイルが定着してしまっています。その方が簡単とも考えるようにもなっているので、どんどんゴミが溜まることになってしまっているのです。
このゴミは簡単にはなくなりません。何しろ不要なものだから捨てているわけですから、それを必要とするところはほとんどないわけです。ですが、これがリサイクルで再度使えるとなると、ゴミその物が無くなるわけですから、大きな効果ということがいえるでしょう。

 
なんでもかんでもゴミとして捨てていると資源には限りがあるわけですから、どんどんと自分たちの首を絞めていることにも繋がります。ゴミの捨て場が無くなっているのにどんどんとゴミを作る生活をしていたのでは、既にこのシステムは成り立っていないことを認識しなくてはなりません。

 

出来るだけ資源の節約をするというのは基本というよりは、これからの日本においては必須ということになるともいえるかもしれません。そうしなければ、自分たちの出したゴミによって生活が出来なくなるということも考えられるわけです。これは自分の為ともいえるのです。

 
そして、資源の節約ということは、資源の少ない日本では必須ともなるものです。何しろ大量の資源を日本は輸入することによって成り立っています。ということは、今の日本はとても危ない橋の上にあるということです。輸入に頼っているということは外国の事情によっては物を売ってもらえなくなることも考えられますし、天災や事故などで予定したものが輸入できなくなるという可能性もあるということです。

 
実際に今でも日本は為替の影響ですぐに物が値上がりするような状況になっています。為替が変動したことで、ガソリン代などが値上がりしますし、電気料金も値上がりします。ガソリンであれば車に乗らない人は関係ないとも思うかもしれませんが、電気料金となると関係ないと思う人はいないでしょう。こうしたことが起きるのも日本が資源を大量に輸入しているからです。

 
資源の節約が進んでいけば、こうした状況を改善していくことは可能です。資源を大量に使うことが悪いことではないとも考えられた時期もありましたが、今は資源が限りあるもので、それを無制限に使うことは出来ないことが明確になっています。資源は限りあるものなのですから、それを大量に消費すれば当然なくなってしまいます。そうなれば、当然今のような暮らしは出来なくなるのです。資源の節約は当然のことともいえるのです。

 

さらにエネルギーの節約も大切です。何故かというと、エネルギーは全ての事に絡んでくるからです。これを節約することができれば、ゴミを無くすことにも繋がりますし、資源の節約にもなります。何しろエネルギーをどんどんと使うことで、日本は今のような発展した国となりました。しかし、エネルギーを使えば二酸化炭素は出て温暖化は進みますし、既に大量にエネルギーを消費しすぎている状態になっています。

 
エネルギーは使えば当然なくなります。なくなればすぐに補充しなければならないので、多くの資源を外国から買ってくるということになります。この繰り返しによって今の日本は大量のエネルギーを消費してしまっているのです。エネルギーの節約が出来るようになれば、資源を補充する量も減ります。そうなれば、ゴミも減ってくることにつながっていきます。
基本的に資源などのエネルギー減となるものは有限です。地球には限られた資源しかありません。

 

それを何も考えないで使ってきたので、ゴミが増えて、二酸化炭素を多く排出されて温暖化などの弊害が起きるようになったということがいえます。各種の公害もこうしたエネルギーを消費することから生じているといってもいいでしょう。資源を使ってエネルギーを作り、残ったものはゴミとして捨てるので、大量に出てくるのです。そして、それを放置することで公害などが起きることになっています。

 
なぜ大量に資源を輸入し続けなければならないのかというと、使ったらそのまま捨てているからです。もちろん、リサイクルが簡単に出来ないから捨てているわけですが、このままリサイクルしないでいると、どんどんと資源を消費するだけの国となっていきますから、とてみ不安定な状態で何かあれば大きな事態になるということも考えられます。昔でいうオイルショックのようなことが再び起きるということがないともいえないのです。オイルショックのようなことが起きることを見てもいかにこの国がリスクの高い状態なのかということがわかりますから、この状況は早急に是正する必要性があります。すなわち、資源のリサイクルが出来るようにするのです。こうすれば、ゴミの減量も出来るようにもなります。

 
資源のリサイクルについて考えてみると、使ったものは何らかの形で姿が変わっているだけですから、やりようによってある程度のリサイクルは可能になるはずです。例えば、資源を燃やしてエネルギーと二酸化炭素を出している場合であれば、資源はエネルギーと二酸化炭素に分かれているわけですから、これをまた集めれば資源として使えるようになるはずです。資源は使ったらなくなるというわけではなく、形が変わっているだけなのですから、これはやりようがあるということです。ただ、そのためには多くの時間と費用がかかるということがあり、なかなか出来ないことになっているだけなのです。
つまり、リサイクルのようなことは、やりようはあるものの、費用的な面、時間的な面、技術的な面などのところから出来ないことも多いのですが、進めていく方向で話をしていけば出来ないことではないというわけです。これまでのように単に使って捨てるという考え方をやめて、必要な分だけ使い、出来るだけリサイクルできるようにするという考え方を持つことが大切なのです。

 
これからは、ゴミの減量、資源の節約、エネルギー節約などでどれぐらいの効果があるのかということを数字で明確にすることが必要かもしれません。というのは、これだけの効果があるということが分かれば、その方向で話が進みやすくなるからです。誰しも無駄遣いは意味がないと考えますが、その費用対効果が分からなければなかなかやりません。その効果がはっきりとしてこそ人はそれを実践する事を考えるようになるのです。

 
ゴミの減量、資源の節約、エネルギー節約は今は待ったなしともいえるような状態です。というのは、環境問題とも絡んでいるからです。単に資源が枯渇するというだけのことではありません。最近、資源は新しい技術によってどんどんと効率よく入手する方法が開発されたりして、資源が多く見つかるようにもなっていますが、環境問題はどんどんと深刻になっています。

 
地球の温暖化は加速度的に進んでいるといわれていて、北極や南極の氷もどんどんと溶けているといわれています。これらの氷が溶けると海面が今より数メートルは上がるとともに、海流というものが大きく変わることによって、どんな事態になるのかわからないとも言われている状況です。環境破壊は加速度的に進むので、このままの状況でエネルギーを使い続けるということは、世界の環境を破壊することにも繋がりかねないのです。

 
一度失われた環境はなかなか元には戻りません。そして、今ははっきりと目に見えるぐらいに環境が変わってきているわけですから、このゴミの減量、資源の節約、エネルギー節約というのは世界の国の全てが考えていかなければならないことです。日本も当然考えていかなければなりません。何しろ日本は世界三位のGDPなのですから、その影響というものは大きなものがあるのです。

 
日本は世界で三位のGDPということは、世界的に多くの物を生産しているということです。生産には当然エネルギーを使っていますから、このエネルギーの使い方が問われるのは当然といえるでしょう。これまで日本はどんどんとエネルギーを使ってきましたから、率先してその使い方を改める義務があるともいえます。そうしなければ世界もいい方向には進んでいかないでしょう。

 
今、資源の節約やリサイクルを始めると大きなメリットもあります。それは、もちろん地球を住みやすい国にすることが出来るということの他に、その技術を売ることも出来るようになるということです。これから世界はどんどんとエコの意識が強くなることが予想されますから、そうした技術はとても大切なものとなっていきます。
つまり、日本がエコの国の先進国となり、これに他国が追随するようになれば、当然日本はその技術の開発国として、それなりのメリットを受けられるのです。技術を売れば利益ともなりますし、エコな国として信用を得られるようになれば、国際交流なども増えて観光客の増加なども見込めるようになるでしょう。観光立国を目指している日本としては、イメージをよくすることも出来るというのは大きなメリットです。

 
二酸化炭素の排出量を規制する国際的な取り決めなどもあって、リサイクルによって二酸化炭素を大幅に削減するようなことが出来れば、この権利を売って利益を上げるようなことも出来るようになります。そうなると、技術も売れるし権利も売れるということで、大きなビジネスとなることも考えられるのです。単にリサイクルと甘く考えていると、もったいないことにもなってしまいます。

 
ゴミの減量などは意識的なところから出来ることでもあります。つまり、やろうとすればすぐに出来ることがあるということです。そして、それを一人一人が意識していくようになると大きな効果を生むようになります。何も技術だけを開発するということではありません。むしろ、まずは技術ではなく人々の意識を変えることが先といってもいいでしょう。そうすれば、技術は後からついてきます。

 
日本人はとても優秀です。心配しなくても多くの人が必要だと感じるものはそれを作る人が出てくるようになります。それだけ勤勉で優秀な人が多いのです。ですが、こうしたことの必要性を感じないとなかなかそうした優秀な人は出てきません。何しろ関心がないので、こうしたことを考えようとはしないのです。ですから、多くの人がこうしたことに関心を持つようにしていくことが大切になっていくのです。

 
ゴミの減量も、資源の節約も、エネルギー節約も基本的には一人一人の意識から変えていくことが基本であって、政府からの指示待ちではなかなか動かないということを知っておく必要があります。基本的に政府が動くということは、ほとんどないのです。政府が動くときはかなり遅くなってからです。何しろ動かないことが政府にとっては最も重要なことだからです。今の政府は今の暮らしを最優先しているわけで、なかなか先の事は考えられません。

 

川西町で不用品回収、粗大ごみの処分はダストレへ
https://www.youtube.com/watch?v=odKdE33PSVI&feature=youtu.be